スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

日曜日のG1展望

今週は3冠最後の菊花賞があります。
それに出走する有力馬について少し書きます。

ドリームジャーニー
前走の脚は圧巻の一言。
父はステイゴールドで、母父にメジロマックイーン。
血統を見ると長距離を走ってくださいというような形状である。
武豊騎手は菊花賞向きではない馬と発言しているが、最近は菊花賞は最後の直線だけって感じの部分がある。
そういった面からも、距離的には問題ないのではないだろうか?
ここ2年の勝ち馬はいずれも後方一気の馬でタイプ的にはぴったり。
菊花賞最多勝利騎手の武豊騎手が記録を更新できるか?

ロックドゥカンプ
無傷の4連勝で菊花賞に臨む馬。
南半球生まれなので斤量のハンデはあるものの、やはり成長の面での心配もある。
柴山騎手もG1は未勝利なため、1番人気になった場合のプレッシャーが心配

アサクサキングス
前走調整不良があったにもかかわらず2着と結果を残した。
最近は逃げ馬が好成績をのこしている。問題は四位騎手がどうのるか?

だが、連に絡めたい一頭である。

ホクトスルタン
今回長距離向きな馬に長距離実績のある騎手がのり、人気は集まるだろう。
横山騎手にも色々策があるようだし、2年連続2着になっているため今年も2着?
追い込みが得意に感じる横山騎手だが、長距離レースでの逃げ切りもしばしばみせている。
2年連続の豊騎手との死闘は続くのか見ものである。
しかし、体重はマイナスで出てきて欲しいところ。

あとは
骨折明けで古馬に善戦したアルナスライン
ドリームジャーニーと同等評価のデュオトーン
穴馬にのると怖い幸四郎騎手のヒラボクロイヤル
このあたりにも注目したい。
そして、夏を越してよいところをまったく見せないフサイチホウオーには別の意味で注目したい

スポンサーサイト

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

2007.10.18 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。