スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

今週のG1展望

今週は三歳牝馬最後の1冠秋華賞が行われる。
そこで今日は追い切り等気にせずにローテーション等から上位馬をみていく。

桜花賞馬ダイワスカーレット

オークス馬ローブデコルテ

ダービー馬ウォッカ
NHKマイル馬ピンクカメオ

上がり馬レインダンス

無冠の実力馬ベッラレイア

これらの馬が人気を集めることになるだろう。
実力的に順位をつけるなら

1ダイワスカーレット
2ウォッカ
3ベッラレイア
4ローブデコルテ
5ピンクカメオ
6レインダンス

といったところか。上位二頭にはそれほど差はなく見える。
今回の秋華賞の臨戦過程をメインに予想するならば

1ダイワスカーレット
2ベッラレイア
3ウオッカ
4ピンクカメオ
5ローブデコルテ
6レインダンス


2,3と4,5が入れ替わっている。が、一番上と下は変更がない。
まず、1に関しては文句のつけようがない。休み明けの前走も文句が無いものだった。
休み明け一叩き効果も抜群だろう。
ベッラレイアとの差は少なかったが、追い出しを遅らせてベッラレイアの脚を図ろうとしたためだろう。
普通に回ればダイワスカーレットが勝利に一番近いだろう。


逆転候補はベッラレイア
春は仕掛けを早くしたためオークスで惜敗してしまった。
秋緒戦でダイワスカーレットに負けはしたが、他馬には負けなかった。
ウオッカとは対戦していないが、ダイワとウオッカは差がない。
そこを考えるとウオッカのほうが力上位かもしれない。
しかし、ウオッカは休み明け、この馬は一叩き後。この差は大きい。
しかもこの馬には運がある。運を使い果たしたとの考えもあるが、この運は大きい。
2週間前の日曜日に武豊騎手が4日間の騎乗停止を受けた。
通常であれば今週の秋華賞のある日曜日までの騎乗停止になり、この馬には騎乗できない。
しかし、先週が変則三日開催だったため、騎乗停止は土曜日までで、日曜日は問題ない。
この運は大きい。


ウオッカはダービー馬。本来なら逆転候補。
しかし、休み明けに結果を残せない角居厩舎。休み明けはやはりマイナスだろう。
ダイワに負けた桜花賞以降、陣営はずっと、ダイワとの再戦を避けるようにダービーに参戦。
秋緒戦も回避、今回は出走も、次回はJC⇒有馬記念の予定。
この厩舎は確かに強気だが、負けても言い訳のできるレース選択にも見える。
ダイワには勝てないと踏んでいるのだろうか?
どちらにしろ、休み明けで割引が必要。

ピンクカメオは秋緒戦は案外な結果だった。
距離もあるだろうが、休み明けということもあったのだろう。
一叩き効果はあるだろうが、狙っても3着までだろう。

ローブデコルテは休み明けとなる。
秋のG1シリーズ緒戦のスプリンターズステークスは休み明けの連対もあり、人気になった。
しかし、やはり叩いた馬で決定したように、休み明けはマイナスが必要。
追い込み馬の場合は反応が鈍くなるし、先行馬では息が続かない。
この馬の場合反応が鈍くなるだろうが、そうなると致命的に届かない可能性がある。
実績は3番手、実力は3,4番手も今回は評価を下げるべき。

レインダンスは、前走不利があった。
それが無ければベッラレイアとの逆転も考えらる。
本番では差がないのか?
と、考える人もいるだろうが、休み明けと使い続けた馬の差を考慮するとそれは大きいものになる。
一叩きした前2頭には届かないだろう。
今年の暑い夏使い続けたつけが、そろそろ来るころ。
掲示板に乗れない可能性も大きい。

スポンサーサイト

2007.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。